エスタ 申請

初めての海外旅行マニュアル TOP > エスタの申請方法

エスタの申請方法

エスタ(ESTA)の申請は、何故必要となったのでしょうか?また、アメリカへの海外旅行に行くために必要なエスタ(ESTA)の申請方法について掲載しています。

エスタ(ESTA)の申請というのをご存知でしょうか?

これは、アメリカへの渡航者を事前申請することでテロの脅威を防ぐ為に行われるもので、日本では、2009年1月12日から完全義務化となりました。

このエスタ申請の有効期限というのは、2年間となっており、期限が切れる72時間前にインターネットで申請する必要があります。

エスタ申請を行わなければ、ハワイやグアムを含むアメリカへの入国ができなくなっているのです。

それでは、どのようにエスタ(ESTA)を申請すればよいのでしょうか?


まず、在日米国大使館のホームページを開きましょう。

日本語で手続きが行えるように、「Welcome」のページを日本語表記への変更を行います。

画面上に「ようこそ」と書かれたページが開くので、まず全文に目を通しましょう。

表示されている手順に従って進んでいくことになり、パスポートの情報等について入力していくことになっています。


エスタ(ESTA)を申請した後は、審査判定が行われます。

審査が行われ回答が「認証」「保留」「拒否」といった形で表示されるようになっています。

認証
ビザなしでの渡米が可能となっています。
保留
再確認しましょう。72時間以内に最終回答を受け取れるようになっています。
拒否
国務省のホームページにてビザ申請手続きについての情報を得るように案内されるようです。

ここで、注意しなくてはいけないのは、米国の入国はESTA渡航認証ができたからといって補償されるものではなく、審査官が渡航者の入国を最終判断することになっています。

ちなみに、このエスタ(ESTA)を申請する際の登録料は無料となっています。