トラベラーズチェック 使い方

初めての海外旅行マニュアル TOP > トラベラーズチェックの使い方

トラベラーズチェックの使い方

海外旅行で持っていると便利なトラベラーズチェックですが、使い方を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。そこで、トラベラーズチェックの使い方や購入方法について掲載。

トラベラーズチェックは、海外旅行で持っていくとサインをするだけで簡単に使用する事ができるので、多くの人が利用しているものです。

初めて海外旅行をする人には、トラベラーズチェックがどのようなものなのか?使い方は?など、知らない人も勿論いるはずです。

ここでは、トラベラーズチェックの使い方と購入方法についてお教えしたいと思います。


トラベラーズチェックというのは、購入時にサインをして利用する際にサインをするという事で、使用することができるものです。

このトラベラーズチェックのメリットとしては、サインだけで簡単だという事と、外貨現金よりも有利な為替相場で購入できるという事でしょう。

トラベラーズチェックというのは、小切手みたいなもので、アメリカなどでは、比較的利用可能なところも多いですし、お釣りを貰うことも可能となっています。


使い方は、2箇所サインする場所の1箇所に購入時にあらかじめサインをしておきましょう。その際には、英語表記で行ってください。

パスポートと同じローマ字でサインした方が良いと思います。

また、購入時のサインと利用時のサインが同じでなければ有効とならないので注意してください。

購入時のサインをホルダーズサインといい、利用する際のサインをカウンターサインといいます。

受け取り側は、このホルダーズサインとカウンターサインが同一のものである事を確認して了解するのです。

このときに気をつけなくてはいけないのは、面倒だからといって最初にカウンターサインをしておくことです。

このような事をしてしまうと、紛失した際カウンターサインがあるものは再発行の対象とならないのです。ですから、必ず利用する際に記入するようにしてください。


次に購入方法ですが、都市銀行や地方銀行の本支店・郵便局・国際線の出発空港となっています。

また、宅配サービスを大手の旅行代理店や銀行で行っているところもあります。

トラベラーズチェック購入時には手数料がかかるという事を頭に入れておきましょう。